ブログアイキャッチ画像
ブログ
24
.
02
.
29

インバウンド営業とは?アウトバウンドとの違い、手法やメリットを徹底解説

ここ数年、新たな営業手法として注目されている「インバウンド営業」。
今回は、インバウンド営業の定義、アウトバウンド営業との違い、リード獲得の手法について詳しく解説します。本記事を参考にしていただき、営業効率を最大化するための知識を深めていただければ幸いです。

【PDF無料ダウンロード】営業DX成功への近道! 失敗する原因と解決策をご紹介。

目次

インバウンド営業とは

営業会議を行なっている様子

インバウンド営業は、顧客の興味・ニーズに合った情報提供を行うことで、自然と顧客が企業に興味を持ち、顧客接点を掴むリード獲得の営業手法です。顧客自身が情報を求めて会社のウェブサイトやSNSを訪れるといった、顧客主導型の購入活動を前提にしたものであり、従来のアウトバウンド営業とは異なるアプローチが求められます。
このアプローチでは、企業は顧客がたどる購買プロセスに沿って、有益なコンテンツを提供することで信頼関係を築きます。例えば、ホワイトペーパー、専門家によるブログ記事、ウェビナーなどの形で価値ある情報が提供され、顧客はそれらを通じて企業との繋がりを感じるようになります。インバウンド営業では、顧客が既に持っている興味やニーズに応え、それをナーチャリング(育成)することが重要です。

関連記事>>リードとは?獲得方法や管理におすすめのツールを解説

【PDF無料ダウンロード】営業DX成功への近道! 失敗する原因と解決策をご紹介。

インバウンド営業が注目される背景

顧客の購買プロセスの変化

近年の顧客の購買プロセスの変化は、インバウンド営業の重要性を高めている要因の一つです。顧客は、商品やサービスを購入する際に、インターネットでの情報収集だけではなく、口コミやレビューサイトを確認するなど、多岐にわたる情報源を活用するようになりました。これにより、単に商品の機能を説明するだけでなく、顧客の心理や生活スタイルに合わせた情報提供が求められるようになります。企業側は、購買プロセス全体を見据えたコミュニケーション戦略を立てる必要があり、インバウンド営業がその核となっています。

営業手法の変化

営業手法も大きく変化しています。従来のアウトバウンド営業では、企業側が顧客に積極的にアプローチすることで成約を目指す、いわゆるプッシュ型の手法が主流でした。しかし、受け手側が情報の選別を強化し、無差別な営業は敬遠されるようになっています。そこで、インバウンド営業は、顧客が求める情報を提供し、顧客自らが関心を持つように誘導する「プル型」のアプローチが求められるようになっています。インバウンド営業を行うことによって、個々の顧客のニーズに対応したきめ細やかな情報提供ができるため、長期にわたる信頼関係の構築に繋がります。

インバウンド営業のメリット・デメリット

インバウンド営業の最大の魅力は、見込み顧客が自ら企業に関心を持った状態でアプローチできることです。これにより、営業担当者は関心の低い顧客に時間を割く必要がなく、効率的に商談を進めることができます。また、質の高いコンテンツを提供することで、ブランドの信頼性や専門性を高められるというメリットもあります。顧客が求める解決策を提案することで、長期的な関係構築にも繋がりやすいでしょう。しかし、これらの成果を実現するには、しっかりとしたコンテンツ戦略と顧客理解が求められます。

一方で、インバウンド営業は成果が出るまでに時間がかかる傾向にあります。顧客との信頼を築き上げ、強い関係を構築するには、質の高いコンテンツを継続して提供し、顧客エンゲージメントを高める努力が必要です。また、成果を測定し改善を続けなければならないため、非常に計画的なアプローチが求められます。さらに、うまく設計されていないコンテンツの場合、顧客を混乱させる原因にもなります。このように、インバウンド営業は戦略的な思考と粘り強い実行が不可欠であるのです。

アウトバウンド営業との違い

営業担当者同士がディスカッションを行っている様子

インバウンド営業とアウトバウンド営業は、接近方法における根本的な違いを持つ二つの営業手法です。インバウンド営業は、興味や関心を持つ顧客から自然に引き寄せられる形でリードを獲得するのに対し、アウトバウンド営業は顧客へ直接アプローチしリードを生成する手法です。これら二つの営業戦略は、顧客との関係構築、コンバージョンへの効果など、さまざまな要素において異なる特徴を持ちます。  

営業戦略の違い

インバウンド営業では、コンテンツマーケティングや検索エンジン最適化(SEO)、SNSといった手法を用いて、潜在的な顧客の関心を引き、自社のウェブサイトやブログに誘導します。こうした自然な流れで顧客の興味をひき、情報提供を通じて信頼関係を築いていくのが特徴です。対して、アウトバウンド営業は架電やダイレクトメール、広告、飛び込み営業など、積極的に顧客との接点を作る手法であり、短期間に結果を出すことを目的とした攻めの戦術です。インバウンドが「引き寄せる」営業であるのに対し、アウトバウンドは「追い求める」営業戦略と言えるでしょう。

顧客体験の違い

インバウンド営業で重視されるのは顧客体験の質です。自社に興味をもって接触してきた顧客に対し、質の高い情報提供と共感を通じた関係性の構築を心がけます。そのため、顧客のニーズに対する理解が深く、細やかなフォローアップが可能になります。
対して、アウトバウンド営業は多くの場合、顧客に対して一方的な情報提供が行われがちであり、顧客体験が二の次になる傾向がありますが、迅速できめ細やかな対応とダイナミックなプロモーションによってインバウンド営業に比べて短期間で成果が出やすい場合もあります。

コンバージョンへの影響の違い

インバウンド営業とアウトバウンド営業では、コンバージョンに至るプロセスも大きく異なります。インバウンド営業は、顧客自らの意志で関係を深めていくため、ノンプレッシャーな環境下でのコンバージョンが期待できます。

一方、アウトバウンドは即時性とスピードが要求されるため、短期的な成果を目指す場合に効果的ですが、高圧的な販売手法によるコンバージョンは顧客満足度の低下を招くリスクがあるのです。それぞれの手法が持つ特性を理解し、適切なバランスで組み合わせることが、最終的なビジネス成果に繋がります。

担い手不足の時代に営業組織はどう対応すべきか?

PDF18ページ

インバウンド営業の手法5選

営業担当者が顧客と商談に臨んでいる様子

オウンドメディア

オウンドメディアは、企業が自らコントロールできるメディアチャネルのことで、その代表例にはウェブサイトやブログがあります。オウンドメディアを通じて、企業は独自の価値観や情報を発信し、顧客に役立つコンテンツを提供することで、ブランド認知の向上を図ります。インバウンド営業の観点からは、定期的に更新することで検索エンジンによる評価(SEO)が高まり、結果としてウェブサイトへの訪問者が増加する効果が見込めます。コンテンツは関心の高いトピックを扱い、顧客が抱える悩みに対する解決策を提示することで、さらにその効果を高めることができます。オウンドメディアはインバウンド営業の核とも言える存在であり、効果的な活用には継続的なコンテンツの生成と更新が不可欠です。

メルマガ

メールマガジンは、顧客に定期的に情報を届ける有力な手段のひとつです。インバウンド営業では、単に商品やサービスを紹介するだけでなく、読者が役立つと感じる情報を提供することが重要になります。メルマガを効果的に活用するためには、ターゲットとなる顧客の興味や関心を深く理解し、それに合わせた価値あるコンテンツの制作が欠かせません。さらに、受信者がメルマガを開封し、関心を持って読み進めるための工夫も必要です。例えば、頻繁に直面する問題への解決策や、新しい業界トレンドを取り上げるなどして、メール受信者の興味・関心を刺激し続けることが大切です。

セミナー(ウェビナー)

セミナー(ウェビナー)は、インバウンド営業の手法の中でも、より深い知識や経験を共有し、参加者との信頼関係を築く絶好の機会です。これらのイベントでは、特定のテーマに沿った知識の提供が行われ、参加者が直面する課題解決に役立つ情報提供を心がけることが成功のカギを握ります。セミナーやウェビナーの企画に際して、顧客が本当に知りたいと思っている情報を提供し、質問やディスカッションを通じて参加者と対話する機会を設けることが重要です。また、フォローアップのメールによるアフターケアも、関係構築の重要なステップとなるでしょう。

ホワイトペーパー

ホワイトペーパーは、業界などの詳細なレポートやガイドとして、高度な情報やデータを提供するマーケティングツールのひとつです。特にインバウンド営業においては、リード獲得のための資料として、または既存顧客の知識向上・関係強化のためにとても有効です。ホワイトペーパーの内容は、業界の専門知識や詳しい研究結果、顧客事例などに基づいて作成することで、読者にとっての価値が高くなります。このような信頼性の高い情報を提供することで、自社の専門性と信頼性を顧客に伝えることができるのです。

YouTube

YouTubeは、動画コンテンツによるマーケティングが可能なプラットフォームであり、インバウンド営業の手段としても非常に有効です。企業はYouTubeチャンネルを作成し、製品の使用方法や業界のトレンド、チュートリアルなど、顧客の関心を引き付ける動画を配信することで、自社の知見や製品の価値を訴求します。視覚的な情報は、テキストだけのコンテンツに比べて理解されやすく、記憶に残りやすいメリットがあります。さらに、動画はSNSやウェブサイトでの共有が容易であるため、ウェブ全体での露出拡大につながり、最終的な購入行動にまで影響を及ぼす可能性があります。ビデオマーケティングは、今日では欠かせないインバウンド営業の一部となっています。  

【PDF無料ダウンロード】営業DX成功への近道! 失敗する原因と解決策をご紹介。

インバウンド営業を成功させる手順

1.自社に見合うペルソナの設計

自社のサービスや商品に最も価値を感じ、熱心に関与してくれる理想の顧客像をペルソナとして設計することは、インバウンド営業において重要です。顧客の年齢、性別、職業、趣味、価値観など、詳細に分析し、具体的なペルソナを設計します。これにより、顧客の態度変容が促されやすい効果的なコンテンツを生み出すことができます。ペルソナの設計を行う際には、市場調査や既存の顧客データを活用し、リアルなニーズを把握することが重要になります。

2.ペルソナに沿ったコンテンツ制作

ペルソナを基にコンテンツ制作を行うことは、ターゲットとなる顧客に共感や関心を持ってもらうために不可欠です。この際、単に情報を提供するだけではなく、顧客自身が体験したくなるようなインタラクティブなコンテンツを作成することで、強い印象を与えることができます。また、SEO対策を意識した記事作成を行うことで、検索エンジンからの訪問者増加にも寄与します。コンテンツ制作にあたっては、定期的な更新や多様なメディアを活用することが、継続的なエンゲージメントを生むうえで重要になります。

3.導線設計

ペルソナを意識したコンテンツを提供した上で、次に考えるべきは導線設計です。顧客が自社のコンテンツに触れた後、興味を持ち始めたポイントから購入や問い合わせに至るまでのカスタマージャーニーを滞りなくデザインする必要があります。例えば、コンテンツ内に効果的なCTA(Call To Action)を設置することで、顧客が次のアクションを取りやすくなります。また、ランディングページの最適化やフォームの簡素化など、顧客の負担を減らす工夫も導線設計では重要です。親切で分かりやすい導線は、顧客の満足度を高め、結果としてコンバージョン率の向上につながるでしょう。

【PDF無料ダウンロード】営業DX成功への近道! 失敗する原因と解決策をご紹介。

インバウンド営業に役立つ営業ツール

営業ツールを選定している様子

MA(マーケティングオートメーション)

マーケティングオートメーション(MA)は、インバウンド営業成功の鍵を握る重要な要素です。MAを導入することで、見込み顧客のデータ管理、顧客とのコミュニケーション、コンテンツの配信といったマーケティング活動を自動化し、効率的にマーケティング活動を進められます。MAツールを用いることで、顧客一人ひとりに合わせたパーソナライズされたメッセージを送ることが可能になり、カスタマージャーニーを細かくトラッキングし、顧客に最適な営業活動を展開することができるのです。

また、MAによるデータの分析はインサイトを深め、営業戦略を練る際に非常に有効です。顧客の行動パターンや興味関心を理解することによって、より関連性の高いコンテンツを提供し、顧客との絆を強化することができます。さらに、MAはROIの測定にも役立ち、マーケティング活動の成果が明確になるため、改善点を見つけやすくなるでしょう。

CRM

顧客関係管理(CRM)ツールは、インバウンド営業を効率化する上で欠かせない存在です。CRMは顧客情報の一元管理を可能にし、それぞれの顧客がどのような関わりを企業と持っているのかを一目で確認できるようにします。履歴の把握やセグメントごとのアプローチを容易にし、一人ひとりに合ったカスタマイズされたコミュニケーションを可能にします。これにより、顧客満足度の向上はもとより、リードの質を高め、結果として収益アップに直結するでしょう。

関連記事>> CRM・SFAの違いは?機能や役割の違いからどちらを選ぶべきか解説

関連記事>>【2024年版】営業ツールのおすすめ16選|選び方や導入するメリットなどを徹底解説

【PDF無料ダウンロード】営業DX成功への近道! 失敗する原因と解決策をご紹介。

まとめ

インバウンド営業は顧客が求める情報や価値を提供することで、自発的に顧客からのアプローチを獲得する営業方法です。従来のアウトバウンド営業が押し売りがちであったのに対し、顧客自らが関心を持ち、接点を持とうとする点が大きな違いと言えます。インバウンド営業の成功には戦略的なアプローチが不可欠であり、コンテンツの質の向上や営業ツールの活用が求められます。

UPWARDや営業のデジタル変革について、
さまざまな資料をご用意しています