ブログ
2021
.
04
.
19
シェア

UPWARD CEO 金木竜介インタビュー

金木竜介(Kaneki Ryusuke)

1973年東京都生まれ。Web GIS(Webを活用した地理情報システム)に精通し、これまでに200以上のエンタープライズ向け位置情報サービスの構築を手がける。2013年から、国内初のクラウドCRMと位置情報を連携させた「SaaS事業(UPWARD)」を立ち上げ、統括指揮。2013年3月にUPWARD株式会社 取締役COO、2016年4月に代表取締役社長 CEOに就任。2017年 Salesforce gold ISV partner、Salesforce Innovation Awardなどを受賞。

ビジネスでInsight(インサイト)を与えるGISの可能性に賭ける

20代後半で見つけた自分が本当に面白いと思うテクノロジーが、GIS(地理情報システム)というコンピューターサイエンスの一分野でした。特にWebとGISを掛け合わせると、リアルタイムでバーチャルな世界に地理空間が広がり、人々の間での「空間認識の共有」が簡単に実現できるすごい技術だと感じました。もっとビジネスで活かしたい、もっと社会のために使えないか、と試行錯誤を繰り返し、Salesforceというクラウド上にあるCRM(顧客関係性情報)と掛け合わせて、ビジネスに直感的にインサイト(気づき)を与えるサービス「UPWARD」が誕生しました。

2011年、サンフランシスコでDreamforceに出会った

2010年頃までのUPWARDは、今のようなSaaSを提供する会社ではなく、様々な位置情報に特化したWebシステムを受託開発するソフトハウスでした。そこで僕は「セールスコンサルタント」という、営業、コンサルティング、プロジェクトマネジメント、マーケティングなど、なんでもやる役割を担っていて、とにかくがむしゃらに働き、気付いたらCOO(Chief Operation Officer)という肩書になっていました。

そんな中、2012年にサンフランシスコで開催されたSalesforceが主催するDreamforceに参加し、「これからはSaaSだ!」という衝撃を受けました。イベント中、たまたま同じ飲食店で、当時Salesforceに入社したばかりの倉林さん(現DNX Ventures Managing Partner)と出会いました。その場で、倉林さんに「我々にも出資をしてください!」というようなことを伝えたような気がします。今やSaaS投資の第一人者である倉林さんからの出資をきっかけに、今の「UPWARD」の第一歩を踏むことができました。

2012年から毎年のように参加していたDreamforce

UPWARDの前に立ちはだかった、大きな試練

当時はありがちな話でしたが、受託開発をしてきた会社が自社サービスの開発を同時並行で進めると、資金や人的リソースが枯渇してその多くはうまくいきません。当時の我々も同じで、初期の出資後、徐々に資金繰りが苦しくなって、余裕のない状態で新たな資金調達に駆け回ることになりました。当時は今のようなSaaSに投資するVC(ベンチャーキャピタル)も少なく、中々お金が集まらなかった。当時のCFOと苦しい資金繰りをなんとかやりくりし、それこそ必死に資金調達用のピッチ資料を何度も作り直しながら数十社のVCを回りました。全く相手にされず、唯一事業の可能性を評価してくれたのが、DNX VenturesとNVCC(日本ベンチャーキャピタル)で、この2社からの出資でなんとかUPWARDは事業を継続することができました。

FREE DOWNLOAD

営業のDXについてのヒントブック

これまで関わったすべての人たちのために、事業を絶対に成功させたい

国内で、ターンアラウンド(事業再生)のような経験をしたSaaS経営者はそんなに多くはないと思います。今から思えば、結果的に得難い経験をさせてもらったと思っています。そして、UPWARDの成長過程で、多くの仲間との出会いや別れがありましたが、その一人一人がこの事業の成長に必要な存在でした。様々なことを乗り越えてきたUPWARDだからこそ、これまで関わったすべての人たちのために、事業を絶対に成功させねばと思っています。

試練のターンアラウンド

UPWARDで叶えたいのは、『出会いの場』をもっとクリエイティブにすること

UPWARD事業を立ち上げた時と比べ、今は地図や位置情報技術を活用する環境が格段に進歩しました。スマートデバイスの性能やクラウドの普及状況、GPSの精度など、10年前とは比べ物にならないぐらいの進化です。

「UPWARDを持っていれば、人と人との出会いの情報が、全てカタチになって入っていく」という世界を僕は作りたい。そもそも世界を良くしていくというのは、「人と人が出会って、何かを共鳴し合うことから始まる」と僕は考えています。

僕がGISに触れ始めたころに比べると、位置情報技術もかなり身近なものになりました。昨日行ったカフェとか、数年前にたまたま寄った観光地とか、スマホですぐに記録し、いつでもそこに行ける。自分が今いる場所ももちろんそうですが、位置情報は全ての場所・モノ・人に存在します。

そんな位置情報とCRM(ビジネスにおける人との関係性情報)を掛け合わせたUPWARDを持っていると、いつでもどこでも自由に働けるようになる。まさに我々のビジョンである「Go Smarter, Anywhere」という世界。

UPWARDはそれを実現する「体験ツール」として、世の中の“人と人との出会いの場”をもっともっとクリエイティブにしていける存在になりたいと考えています。

これからも、全力を尽くして取り組みます。引き続きよろしくお願いいたします。

おすすめ記事

もっとUPWARDについて詳しく知ってみませんか

UPWARDや営業のデジタル変革について、さまざまな資料をご用意しています