オンラインセミナー
シェア

【7月20日(火)開催】〜新規も既存顧客も妥協しない〜 新時代に有効な営業DX戦略

かつて経済の成長期にあった日本ですが、今やあらゆる業界で市場が飽和しつつあります。

類似した製品やサービスが国内外で販売され、自社ならではの付加価値をつけるのが難しい中、企業成長のカギはどこにあるのでしょうか。

その答えは、「攻め」と「守り」の営業にあります。

新規売上を創出する「攻め」の営業と、既存顧客を維持する「守り」の営業、これらの両軸での実現が、市場の中での優位性に大いに貢献します。

2020年からの新型コロナウイルス感染拡大の影響を大きく受けている営業組織も多く、課題を意識し始めた今だからこそ、営業組織の改革による「攻め」と「守り」両軸の実現への大きなチャンスが訪れています。

顔を合わせる機会が減り、情報共有が今まで以上に難しくなっているニューノーマル時代において、営業のノウハウをいかに蓄積・継承し、再現性のある強い組織にしていくのか。今回のセミナーでは、データ起点の持続的な「人材育成」「顧客との関係性構築」について、仕組み化する方法とポイントをお伝えします!

<< このような企業様におすすめ >>
強い営業組織の作り方について最新情報を知りたい
営業組織におけるDX推進についてヒントを得たい
・情報共有やナレッジ蓄積の組織文化がなく、営業組織の属人性が高い
リモート環境下での人材育成顧客との関係性構築に課題を感じている

開催日時

7月20日(火) 16時~17時 (※Zoomでのオンライン配信)

登壇者情報

山下 貴宏 (株式会社アールスクエア・アンド・カンパニー 代表取締役社長/共同創業者)

法政大学卒業、米国 Baylor University奨学金派遣留学。大学卒業後、日本ヒューレット・パッカードに入社し法人営業を担当。その後、船井総合研究所、マーサージャパンを経てセールスフォース・ドットコムに入社。セールス・イネーブルメント本部長。日本および韓国の営業部門全体の人材開発施策、グローバルプログラムなどの企画・実行を統括。イネーブルメント部門の規模を4倍に拡張し、グローバルトップの営業生産性を実現。2019年にセールス・イネーブルメントに特化したスタートアップR-Square & Companyを立ち上げ、大手企業から中堅企業まで数々の企業のイネーブルメント組織の構築に尽力。セールス・イネーブルメントをテーマとした講演実績多数。著書に『セールス・イネーブルメント 世界最先端の営業組織の作り方』(かんき出版)がある。

石田 正樹(UPWARD株式会社 営業本部 本部長 CSO)

2009年 University of California Los Angeles(UCLA)卒業後、東証一部 インターネットセキュリティ会社に入社。社内ベンチャー組織にて新規事業におけるマーケティング・営業に従事した後に起業。2015年に株式会社セールスフォース・ドットコムに入社。インサイドセールス、アカウントエグゼクティブ、営業部長を経て、支社責任者として従事。 その後 Slack  Japan株式会社にて自動車・ハイテク業を中心としたエンタープライズ領域を担当し、2021年3月にUPWARDに入社。

今すぐお読みいただけるダウンロード資料もご用意しています

UPWARDや営業のデジタル変革について、さまざまな資料をご用意しています。