ニュースリリース
2020
.
10
.
07
シェア

ニューノーマル時代を見据え、プラットフォーム暗号化サービスに対応

~  セキュリティ強化により、よりセキュアな環境下でのアプリ利用を実現 ~

「モバイルワーカーをスマートにする」をミッションに掲げるUPWARD株式会社(所在地:東京都中央区、代表取締役社長 CEO:金木 竜介、URL: https://upward.jp)は、2020年10月6日、Salesforceが提供するプラットフォーム暗号化サービス「Shield Platform Encryption」に対応しました。

これにより、金融・保険業や情報通信業、不動産業など、特に高いセキュリティ要件を必要とするビジネスを展開されているお客様においても、UPWARDを安心してお使いいただける環境を整備いたします。

■ プラットフォーム暗号化サービス対応の背景

新型コロナウイルス感染拡大防止を目的とし、在宅勤務やモバイルワーク、取引先への直行直帰など、働き方の新常態(ニューノーマル)が広がっています。日本のビジネスの在り方やワークスタイルは、コロナショックを受け、大きく下記のように変貌を遂げています。

・オフィスワーク偏重から、リモートワークを交えたバランスワークへ移行
・企業資産はデジタル化、ネットワーク化され、オフィス以外からもアクセス可能に
・店舗による対面販売から、オンライン販売や非対面店舗へシフト

ビジネスシーンの在り方が変わる中、個人情報など重要なデータを取り扱う業界においてはより一層のセキュリティ強化が求められます。こうしたニューノーマル時代のニーズに合わせ、このたびUPWARDでもSalesforceの提供するプラットフォーム暗号化サービス「Shield Platform Encryption」に対応する運びとなりました。

Shield Platform Encryptionとは…Salesforce提供のプラットフォーム暗号化サービス。導入すると、重要なプラットフォーム機能を保持しながらデータに新しいセキュリティ層が追加される。ネットワーク経由での送信時だけでなく、保存時に機密データを暗号化できるため、会社は非公開データの処理で準拠すべきプライバシーポリシー、規制要件、契約義務に確実に準拠できる。

■ お客様のお声に対応 - UPWARD株式会社 開発チーム マネージャー 加藤遼

Shield Platform Encryptionを導入していただくことにより、データが暗号化された状態でプラットフォーム上に保存されます。これにより、お客様は保存データの暗号化等のセキュリティ要件に準拠した状態で、SalesforceやUPWARDをご利用頂くことが可能となります。

当初はShield Platform Encryption適用環境において、インストールができない、一部機能でエラーが発生するなどの課題がありましたが、一つひとつ地道に対応を進め、この度皆様にもご提供できる形となりました。

今後もお客様から頂いたフィードバックやご意見をもとに、開発チーム一同UPWARDの進化・改善を進めてまいります。引き続きご支援のほど、よろしくお願いいたします。

UPWARDについて

「UPWARD」は、“営業活動のパートナー”として、モバイルワーカーの現場での営業活動を支援している次世代型モバイルSFAです。現在、大手上場企業を中心に約300社に導入いただいており、営業活動で把握した情報を現場でカンタンに蓄積するための入力インターフェースを提供しています。位置情報を活用し、入力した情報を顧客情報とあわせて地図上に自動で配置することで、優先的かつ素早い営業計画の策定などを支援します。

会社概要

社名

UPWARD株式会社

所在地

東京都中央区日本橋小網町11-9 ザ・パークレックス小網町第2ビル 3F

代表者

代表取締役社長 CEO 金木 竜介

設 立

2002年3月

資本金

1億円

事業内容

モバイルワーカー向けCRMサービス「UPWARD(アップワード)」の開発、提供

報道機関お問い合わせ先

UPWARD株式会社 マーケティング部 PRチーム

Tel

080-5183-1814

Mail

pr@upward.jp

※本文中に記載されている会社名は、各社の登録商標または商標です。

もっとUPWARDについて詳しく知ってみませんか

UPWARDや営業のデジタル変革について、さまざまな資料をご用意しています