Company Profile

企業名

株式会社出前館

業種

情報通信

活用分野

全国で出前サービスを実施している店舗に対し、出前館への加盟を募る

従業員数

本社所在地

URL

https://corporate.demae-can.com/
赤田 修 氏
営業本部東日本営業グループ 兼 西日本営業グループグループ責任マネージャー
インタビュー
シェア

新規開拓を大幅に効率化!営業スタイルの標準化で加盟店舗を増やす

シンプルで使いやすく、営業を効率化

―まずは貴社の事業について教えてください。

私たちは「出前館」という宅配ポータルサイトを運営しています。ピザ・弁当・中華・寿司・洋食・酒・ネットスーパーなど、全国には2万8千店舗前後の出前サービスを実施している店舗があるのですが、そのうち約1万3千店舗が既に私たちのサービスに加盟いただいています。従来の出前は個別に各店舗に電話して注文しなければならなかったところを、出前館を利用することでさまざまなジャンルの店舗で、実際にメニューや待ち時間等の情報を見ながら注文することが可能です。

 

―営業部門はどのような役割を担っていますか。

 

全国で出前サービスを実施している店舗に対して、「出前館に掲載しませんか?」という営業をかけています。そのためには事前にベースとなる営業リストが必要です。北海道から沖縄まで出前を行っていそうなお店に1件1件電話をして、出前の有無や形態(出前専門店なのかどうか)等をヒアリングしてランク付けしていきます。これが全国で出前をしている店舗の情報となります。

 

―2015年9月にUPWARDを導入いただきました。きっかけを教えてください。

 

以前はリストをExcel等で整理し、紙ベースで顧客管理を行っていました。しかし会社が成長するにつれて、従来の方法では管理が煩雑化してしまい、どこかでクラウドに移行したいと思っていました。そんなときに、地図を活用した非常にシンプルで使いやすそうなUPWARDを見つけました

 

―UPWARDの導入後、「マップ」を営業活動に活かすことで、どのような効果を感じていますか。

Excelで住所を見て電話していた当時と比べると、マップが入ることで自分の現在位置との関係が可視化できるので、「こうやって回ろう」というルートを組んで営業を効率化できます。結果として、一日でたくさんの店舗を回ることができるようになった。新規開拓営業にとって、そこが一番大きな点です。

 

 

応用的な使い方で新たなビジネスの可能性も

―営業管理をするお立場からですと、どんな効果を感じていますか。

活動件数が増えても、現場で集めたデータがUPWARDに入ることで管理がしやすくなりました定量化されるため、対象エリアにどれくらいの営業を投入するか、あるいは出張などの際も、どの場所にホテルを構えれば効率のいい回り方ができるかなど戦略が立てやすい。営業の担当エリアの入れ替えも頻繁にあるのですが、過去の活動履歴なども分かるので、引き継ぎが楽になったというのもあります。UPWARDで営業スタイルを標準化できたのが大きいですね

 

―他に応用的な使い方もされていますか。

 

実際にUPWARDの画面をお客様に見せることもあります。「周囲の店舗はこれだけ加盟していますよ」というアピールになりますし、お客様にとって安心感にもつながります。

 

今後は加盟店のさまざまな情報を入れて、また自社データだけでなく、例えば町丁単位の人口データなどを重ねて色分け表示するような使い方も考えています。加盟会員数や会員獲得率などと併せてマーケティングに利用することもできる。それはお客様のマーケティングにも寄与することになると考えています。

 

 

営業のモチベーションアップも

―営業現場でのUPWARDの評判はいかがですか。また、今後の展望についてお聞かせください。

 

UPWARDは個々にさまざまな「気付き」をもたらしてくれるという点が大きいです。訪問回数などで顧客抽出することで、より可能性の高いお客様にアプローチできるようになりました。現場の営業は必ずしも予定通りに進められるわけではありません。一日外を回っている中で急に空いた時間をどう使うのか。そのあたりの意識改革ができてきています。また、地図を使うことで店舗回りを効率化することはもちろん、実際に回って契約が取れた店舗も視覚化されるので、営業としてはモチベーションも上がります。今後は逆に、地図から現場の状況を上手くフィードバックすることで、さらに成果を上げていけたらと思っています。

より多くの企業の事例を知ってみましょう

導入事例についての詳しい資料はこちらからダウンロードできます